ロゴ
HOME>注目記事>身近な人だけで行なう葬儀が多くなっているのには理由があった

身近な人だけで行なう葬儀が多くなっているのには理由があった

遺影

小さな葬式が人気の理由

近頃は故人と親交のあった人たちを招く一般葬ではなく、近しい人だけで行う小さなお葬式が人気です。それは、遺族が故人とのお別れに集中できることも理由のひとつです。大勢の人が参列すると、遺族はその人たちの対応に追われてしまって、十分故人とお別れする時間を持てなくなってしまうからです。また、核家族化もあって、参列者の数が少ない場合、あえて一般葬を選ぶ必要がなくなることも、理由として考えられます。

実績のある葬儀社と実績のない葬儀社の違い

長年葬儀社として営業している

長期間葬儀社として営業しているところは、実績がある葬儀社だと言えます。実績のない葬儀社は、さまざまな策を講じて一時的に利益を上げることはできたとしても、継続して利益を上げることが難しくなるからです。

時代の変化や細かいニーズに対応

時代の流れとともに、葬儀の形も多様化してきています。葬儀社もその変化やニーズに合わせてプランやサービスの内容を変更することが求められています。そのような変化に柔軟に対応できる葬儀社は実績があると言えるでしょう。

葬儀にかかる費用や予算

葬儀費用の平均金額は、約200万円です。これは参列者の多い一般葬の金額であり、家族葬や密葬といった小規模の葬儀となると、約60万円が相場となっています。一見、小規模の葬儀のほうが費用負担が少なく感じますが、一般葬は香典によって費用を賄えますので、一概にどちらが費用負担が高いのか言い切れません。

葬儀当日に気になることQ&A

椅子

マンションでも葬儀ができますか?

マンションの場合、マンションの管理組合の規定によって葬儀ができるかどうかが変わってきますので、管理組合に聞いてみましょう。

故人の好きだった花を用意してもらえますか?

故人の好きな花の種類、アレンジメントの相談などにも応じていますので、利用する葬儀社に気軽に申し付けください。

お経は絶対にあげてもらわないといけませんか?

近頃は、無宗教の葬式も増えてきていますので、故人の好きだった音楽を流す、家族で思い出話をするケースも増えてきています。