ロゴ
>コラム>葬儀によってもスタイルは様々!【最新の葬儀事情】

葬儀によってもスタイルは様々!【最新の葬儀事情】

葬儀場

葬儀スタイルはいくつかある

両親や兄弟姉妹、配偶者などの身内が亡くなると、深い悲しみの中でもお通夜や告別式などの葬儀の手配をしなければなりません。70代、80代ぐらいの年齢になると人生の最期について、真剣に考えている人が増えており、お子様や孫などに負担を掛けなくない人が多いです。大阪の葬儀社では、一般葬を希望している人も多いですが、家族や親族、親しい友人だけで行う家族葬や一日葬を希望している人が増えています。家族葬や一日葬は費用の面でもリーズナブルですし、遺族が高齢の場合は告別式だけを行う一日葬は、精神的、肉体的な負担を減らせるなどのメリットがあります。大阪の葬儀社は迅速で丁寧な応対が特徴になっており、費用の面でも相談しやすいのが特徴です。

数珠と香典

家族葬を選ぶ人が増えている

70代、80代ぐらいの年齢になると、現役で働いていた頃に比べると交友関係も少なくなっているので、一般葬よりも家族葬を希望している人が増えています。家族葬は一般葬と同様に、お通夜や告別式を行い僧侶による丁寧な読経が受けられるので、費用を抑えても心のこもったセレモニーが出来ます。使用する祭壇も豊富なデザインが揃っており、予算に応じたプランを選ぶことが出来ます。自宅に遺体を安置する場所がない場合は、大阪の葬儀社でドライアイスを使って、安置することが出来ます。大阪の葬儀社は広い駐車場も完備されており、高齢者や体の不自由な人も参列がしやすいように、バリアフリー設計になっています。清潔なトイレや休憩所も完備されています。