ロゴ
HOME>みんなの声>慌てる前に知っておこう!【葬儀経験者の意見】

慌てる前に知っておこう!【葬儀経験者の意見】

葬儀場

家族や親戚が亡くなってしまった場合は、葬儀を行なうのが一般的です。しかし、葬儀を行なうにも葬儀社を探したり準備に戸惑ったりと大変です。その場で慌てないためにも、経験者の意見を参考にしておくと良いでしょう。

この話題の口コミ

焦って決めないで時間をかけて決めた方が良いね

相模原で葬儀を執り行うなら、会社選びだけは、決して焦ってはいけません。亡夫の場合には慌ただしく、結果論ですが、悲しむ余裕や、亡夫との最期の別れの時間さえ与えてもらえませんでした。仏教ですから、葬儀プランは種類豊富な中から選択できますし、葬儀費も積み立てていましたから、費用面も問題はありませんでした。しかし、私たちには子供がおらず、全ての決定権は自分自身で、葬儀会社に一任できるならば、そちらをお勧めします。1つ1つ決めるにも、霊安室に待機できる時間も限りがあり、通夜までの時間もありますから、迷う暇さえありません。加えて、喪主ですから、参列者への気配りもあります。色々と焦ってしまい、手違いや不手際もあり、後悔も少なからずありますから、時間をかけられる生前に、どのように執り行いたいのか、決めておくべきです。
(60代 女性)

葬儀には費用がかかることも忘れないでおくといい

50代にして考えるのは、自分自身の葬式で、相模原で執り行うつもりでいるので、葬儀社に色々な面で相談しています。仏教なので、葬儀も型にハマったノーマルなプランで十分だと考えていましたが、それでも数種類のプランが提案されました。祭壇本体もランクがあり、ランク1つ上げるだけなのに、会場全体の雰囲気もガラッと様変わりするほどです。仕事や趣味関係まで、交流の幅も広く、参列者の予測を立てることも必要でした。どのような内容にしたいのか、イメージを膨らませる中、見積もりを見て、正直な話し、多額の費用がかかることを想定していませんでした。プランに含まれないオプションや、お世話係へのお礼、会場使用や司会なども葬儀費に入ります。やりたいことだけ考えては、遺される者たちに負担になるため、予算を伝えていることを忘れず、そこから進めることが大事だと改めて感じました。
(50代 男性)